ナローワークへようこそ



「ナローワーク」とは、、、

「王道ではない狭い(narrow)道」
としての就職や
仕事づくりをしたい人、
そんな人の応援に特化した
ハローワークを
個人で勝手に作る
というプロジェクトです。

『”就職”というスタイルが合わない』
『営利追求よりも、誰かに喜ばれることをしたい』
『1つの会社で一生働きつづけるなんて考えられない!』
『生活の糧を得る仕事をしながら、自分のやりたいことも取り組みたい』
『色んな仕事を同時にしていたい。2足のわらじ万歳!』
『就職はしたいけど、”自分”は殺したくない』

などなど、
普通にハローワークでは仕事を探したり作ったりしづらい、
そんな方に向けて以下のようなお手伝いをしたいと思っています。

■情報発信
情報サイト を中心に、
こういった働き方をしたい人に役立つであろう情報を、
梅山の勝手な偏見の元、 流していきます。
Twitter でも確認できます。

■企画
ナローワークでの独自企画をはじめ、
様々なところで講座やイベントなどの企画も行っています。
最新情報は「企画講座・イベント」のページをご覧ください。
講座やイベントの企画のお手伝いなどのご依頼も
承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

■個別相談
これはまだ詳細を決めてませんが、
どこから手をつけていいかわからない、とか
もやっとしててまとまらない、というような
相談を個別にお伺いしようかと思っています。

■サロン
不定期で(月1回くらい)
交流と、「アウトプット」のスキルアップをテーマにした
「アウトプップップット・サロン」
開催しています。

■ネットワーク
メーリングリストを軸にしながら
「ちょっとした仕事、情報、スキル」を
回したりする仕組みとしての
ネットワークを作ることで
お互いに仕事を作り合って、支え合っていくような
(それは守りではなく、攻めの姿勢で)
そんなネットワークにできればと思います。


仕事の斡旋はできませんが、ゆくゆくはやっていきたいです。
でも求人情報は常に探しているので
情報提供くらいはできるかもしれません。

今のところ自分企画のものが多いですが、
もっと色々載せてゆきます〜
何か載せて欲しい情報とかあれば、ぜひ送ってください。

そんなわけで、
「ナローワーク」を今後とも
よろしくお願いします。

ナローワーク主宰
梅山晃佑


■ナローワーク情報サイト
http://narrow-work.tumblr.com/
■Twitter
http://twitter.com/#!/narrow_work

対人援助職のための「関係性」への取り組み方を深める合宿トレーニングのお知らせ



去年の5月に引き続き、
「関係性への取り組み方」をテーマにした合宿を企画しました。

僕自身が就労支援の仕事やNPO的な組織の運営などの中で
「この人(たち)とどうやって関わっていけばいいだろう」
そんな疑問にぶつかったことを発端にしたこの企画。

その場で起こっている事に目を向けたり、
言われた言葉に耳を傾けることも勿論重要ですが、
視点が限られていると、見えやすいものだけにとらわれて、
上滑り感のある対応をしてしまうことが結構ありました。
でも色んな視点を持って関わるようになってこれた最近では、
ある視点だけで関わっていた時に比べて
対応の選択肢がずっと増えたように思います。
(なんか偉そうですけど・・・)

(参考)「「関わり方」について」(2011.04.06)

それで2011年5月に1泊2日の合宿を行いました。

合宿の告知文
合宿のレポート


今回もコミュニティファシリテーション研究所
ノリさんこと廣水乃生さんと企画しました。
詳しくは下記をご覧ください。

場所は和歌山、海のすぐそばにある山の上で
自然に囲まれたとても良い場所です。
*上の写真がそうです!ロケーション最高!

もしお時間ある方は是非参加してくださいね。
あと関心のある方に転送などしていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。




*******************

対人援助職のための
「関係性」への取り組み方を深める
合宿トレーニング

*******************


昨年5月に実施した合宿トレーニングが
よりパワーアップして帰ってきました!

教師やカウンセラー、ヘルパー、ワークショップのファシリテーター、
ケースワーカー、看護士、各種相談員などの職業に就かれているいる方で

「この人(たち)とどんなふうに関わっていけばいいだろう」

そんな疑問にぶつかったことはありませんか?

または、

・一方的に押し付けるやり方はしたくないけど、
 どうしていいかわからない・・・。

・相手を理解したいけど、
 絶対こうした方がいいのは明らかなんだよね、でも言えない・・・。

・相手は専門的なことを知らないのだから、
 導くのが私の仕事。でも相手は不満気・・・。

・相手のことはよくわかる。答えだって見えている。
 でもそれを指摘したら怒り出しちゃった・・・。

こんな経験ありませんか?

今回の合宿トレーニングでは、
上記のような疑問・迷い・経験を紐解いていくものの見方や考え方、
また自分の傾向などについての理解を深め、
参加者一人ひとりが自分らしい「関わり方」への
自覚を高め磨いていく合宿です。

コミュニティファシリテーション特有の
自分や相手に対する見方を学ぶことは勿論、
ロールプレイなど実際のトレーニングを中心とした
プログラムが中心になるので
この研修が終わった後、誰かと関わるときには
ぐっと視野が広がっているはずです。

■■■■■■セミナー概要■■■■■■
【詳細URL】
http://comfaci.com/09/20120212/

【日時】
2012年5月12日(土)10:30− 13日(日)16:00(1泊2日)

【場所】
和歌山県立白崎(しらさき)青少年の家
http://www.zb.ztv.ne.jp/shirasaki/

【参加費】
一般:20,000円/学生:12,000円
※宿泊費・食事代込み
※全回(2011/5/3-4)参加者には割引があります。詳しくはお問合せください。


【お申し込み】
下記フォームからお問合せ・お申し込み下さい。
http://comfaci.com/mail/1205wakayama/
*申込締め切りは5月2日(水)

【対象者】
・仕事上さまざまな人と関わる中で悩んでいる方
・自分が人と関わる中で苦手な場面を感じたことがある方
・これから対人援助職に就こうと考えている方
・人との関わり方はいろいろ学んだけれど
 十分学びを活かしきれていないと感じている方
・現場でのさまざまな状況で得意不得意まではわかるけど
 対応しきれていないと感じている方

【プログラム】*変更になる可能性があります
《1日目》

●イントロダクション・自己紹介
 講師&参加者自己紹介、合宿の目標設定等をします

●基本講義
 「コミュニティファシリテーションとは」
 コミュニティファシリテーションの
 基本的なものの見方や考え方などを共有します。
 主に以下の3つの視点について学びます。
 ・フィードバック
 ・ダブルシグナル
 ・エッジ

 「3種類のファシリテーション」
 ファシリテーションの際に取り組む関係性は主に以下の3つあります。
 ・個人のファシリテーション(自分・相手)
 ・関係性のファシリテーション(第三者介入・当事者介入)
 ・グループのファシリテーション(ファシ・隠れファシ)
 今回は「個人」「関係性」の2つを扱います。

●セッション1
 「関係性の基本3要素」のうち、
 「個人」「関係性」の概念を捉えるために
 参加者でファシリテーター役と参加者(クライアント)役に分かれ、
 実際にカウンセリングの場面を作り、
 何が起きているかを体験と話し合いを通じて学びます。

《2日目》

●セッション2
 参加者でファシリテーター役と参加者(クライアント)役に分かれ、
 実際にファシリテーションをした後で全体での振り返りや、
 講師の解説・フィードバックを通じて
 実践的に学ぶというトレーニングを繰り返し行います。

《オリエンテーション》

1日目の夜に、参加者同士の交流も兼ねて、
プレゼンテーション大会を実施します。
お仕事についてや、自分自身の取り組んでいること、
今とても関心のあることなどについて、
5分程度でプレゼンテーションしていただきます。
詳しくはお申込後にお伝えします。

【参加すると?】
相手の意思や気持ちを尊重しつつも、
自分の感覚にも自覚的になって、
相手とちゃんとコミュニケーションを取りながら
関わっていけるようになります。

それは互いに深く理解し合いながら
相手のために専門的な知識やテクニックを有効に活用し、
相手に必要な方向を分かち合う関わりとなります。

この研修を通じて、「人との関わり方」という答えのない問いに
さまざまな視点から答えを探れるようになるでしょう。

「わたし」についての自覚を高め、
「あなた」や「私たち」に何が起こっているかを
探求する方法や姿勢について
同じような仕事をしている参加者同士で共に学んでみませんか?

【ファシリテーター】
廣水乃生(ひろみず・のりお)

米国プロセスワーク研究所大学院で組織の活性化と対立状況への介入について 3年間専門的なトレーニングを受け、コミュニティファシリテーション研究所を設立。現在は日本各地で、 「世界平和は自分の平和と身近な人の平和から」を合言葉に
さまざまな組織・企業の合意形成プロセスや研修、さまざまな葛藤状況の話し合いの進行(ファシリテーター)をしている。

「ストリートファシリテーション」と称し、街中でもめている人に介入したりするほどおせっかいに見える放浪の探究者、自称「グループおたく」、「人懐っこいのら犬」、「さすらいのファシリテーター」

【ファシリテーターからのメッセージ】
廣水です。
今回の合宿は、 対人援助で悩んでいる方、
迷ったときどうしていいかわからない方のために
その迷いを力に変えて、多くの人を援助していってほしい!
という願いから企画しました。

みなさんの支援を待っている未来のクライアントの方々がたくさんいます。
僕はその方々とは出会わないでしょう。
その方々を支援できるのはみなさんです。
そのまだみなさんが出会っていないクライアントの方々の幸せに
僕の専門的な知識、経験が役立てばうれしいです。

対人援助職への道を選ばれた愛情深いみなさんが
力強く(ときには弱く)その仕事に持続的に取り組めることを応援しています。
共に学び磨き合う、この合宿でご一緒できるのを楽しみにしています!



【参加に際してのご注意】
*当日の模様を収録し研究材料として使用する可能性があります。プライバシーへの配慮が必要な方は当日、お知らせください。
*(日本)プロセスワークセンターのプログラムとは関係ありません。

 

アウトプップップット・サロン#04終了しました



アウトプップップット・サロンの
4回目は「絵、デザインの中の編集」をテーマに
デザイナー/イラストレーターの小田島等さんがゲストでした〜
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
今回は合計20名の方に参加いただきました。
グラフィックやWebのデザインの仕事をしている方もいれば
建築やまちづくり関係、パフォーマーの方など様々。

アウトプップップット・サロンは
「様々なタイプの編集のスキルを学ぶ勉強会」という趣旨で
2011年の6月から始まりました。
詳しくはこちらのページなどをご覧くださいませ。

今回は小田島さんが普段絵を描いたり、
デザインをする時にどんなプロセスで創っているか、
というのを覗かせてもらおう、
という趣旨での開催でした。

まずは、小田島さんのこれまでのお仕事のお話を。
絵の具で描いた絵、PCで制作したグラフィック作品、
コラージュの作品、写真の作品などなど、
色々な作品を見せていただきながら、
どうやってその作品を創ったかや、
その意図やプロセスなんかを聞かせていただきました。

そしてリチャード・ハミルトンのコラージュ作品を紹介しながら、
「絵の中にある編集」についてのお話。

その流れで出てきたハミルトンの「ポップアート11箇条」が
なかなか面白かったのでご紹介。

リチャード・ハミルトンのポップアート11箇条(1957年)
ポップアートとは、
「大衆向きで」
「すぐ消えて」
「使い捨てで」
「安価の」
「大量生産された」
「若者向けの」
「おしゃれで」
「セクシーな」
「いかさまの」
「魅力的な」
「金もうけ」


だそうです。


続いて、じゃあ具体的にどんな感じで創るのか、
ということで、即興でコラージュの作品制作タイムに。
CDジャケット、というのを想定しての制作ですが、
モチーフ4つを選ぶのに、
参加者からその場で素材を用意してもらう、というものでした。

^貳崔太呼が近い人の財布の中にあるレシートから「ロゴ」を使う
一番オシャレな人の名前をGoogleで画像検索して一番上に来たものを使う
0貳嵜板垢旅發た佑友達に電話し、何でもいいから写メを送ってもらう
ぐ貳崋磴た佑、英語でバンド名をつける

その素材をPCに取り込んで、その場でコラージュ作品を創っていく様子を
前にプロジェクターで映し出しながら進めていく、
という感じで進みました。
コラージュ作品の作り方もそうなんですが、
モチーフの集め方の工夫という点もかなり面白く、
自分自身も職場でちらしの制作をする際にも使えそうな
アイデアをいただいた感じがしたことと、
この「偶発的なものに任せてみる」ことと、
「そこを突破口にして組み立ててみる」というやり方は
制作だけでなく、しごとづくりや、
プロジェクトの運営などにも活かせる考え方だな〜と思いました。



そして最後はみんなで絵を描こう!という感じで
小田島さんが製作中のCDジャケット(なんと1枚1枚手描き!)を
みんなも一緒に創ろうというものでした。



こんな感じでみんな楽しげ。
しかも1人1枚とかではなく、
少し描いたら誰かに回して、
回ってきたらそれに何か描いてまた回すというもので
すごい勢いで色んな作品ができていきました。

途中小田島さんがおっしゃってた
「無記名の作品」(ちょっと曖昧)というキーワードが
興味深かったので、もっとそこの話も聞いてみたかったです。



プチ講評&作品完成!!

次回はまだ未定ですが、
どうぞお楽しみに!

 

アウトプップップット・サロン#04



満員御礼!!
満席になりましたので、現在キャンセル待ちにて受付させていただいております。
申し訳ありません!!


イベントやプロジェクトの企画から仕事づくりまで、
やりたいことはあるけど、どうアウトプットしていいものやら・・・
モヤモヤモヤモヤモヤモヤ・・・

アウトプットって結構難しい。
おならが「プップップッ」と止まらない感じで
アイデアも「プップップッ」と出せるようになるには?
というように考えたときに、
なんだか「編集」のスキルっていうのが大事なような気がします。
結局のところ、自分の中にある想い、問題意識、
自分の長所、方法論、ネットワークなどの
既に自分の中にあるものをうまく組み合わせる、
というのがアウトプットの肝だと思います。
それがまさに「編集」じゃないかと。

じゃあ、色んな編集のやり方を学ぶことで
アウトプットのスキルもあがるかも!?という根拠のない期待のもと
なんだか面白い「編集」のヒントを持っていそうな方を毎回ゲストに招き、
その人の見えている景色をちょっと覗き見させてもらおう、
そんなサロンを月1回くらい開催していこうと思います。

アイデアの発見に、
また、ナローワーク的な仕事づくりのためのネットワークづくりに、
気軽に遊びに来てください。


■#04テーマ「絵、デザインの中の編集」

第4回のゲストは
イラストレーター/デザイナーの小田島等さん。
数々のCDジャケットや書籍装丁を手がけていらっしゃり、
イラストだけでなく、
写真や漫画、グラフィックデザイン、展示から
全体のディレクションまで
「イラストレーター」という枠に捉われず、幅広く活躍中です。

今回はそんな小田島さんをゲストに迎え、
「絵、デザイン」といったテーマを扱ってみようと思います。

このシリーズのテーマである「編集」という行為は
様々なモノを集めて、組み合わせて、1つにまとめる、
ということだけでなく、
そこに「ほら!こうやって見て!」というように
集めたことで初めてそこに現れる視点を相手に与えることができる、
というのがこの「編集」の最高に面白いところだと思うのですが、
それは雑誌やテレビ番組のような
色んな素材が集められたいわゆる「編集物」にだけでなく、
例えばデザインされた1枚の「絵」の作品の中にも
そういった「編集」の意図を感じ取ることができます。

というわけで、
今回はデザイン、イラストレーションの仕事に
長年携わっている小田島さんが、
制作時にどんな目で、どんな世界を見ているんだろう、
ということを直接聞いてみたり、
プチワークショップで体感してみたりと、
その世界をみんなで覗かせてもらおうと思います。


■ゲスト
小田島等(デザイナー/イラストレーター)
http://odajimahitoshi.com/

■主な作品

サニーデイサービス「東京」(1996)


くるり「ワンダーフォーゲル」(2000)


ペインティング作品「PANDA&DOG」(2011)

■日時
2012年2月27日(月)19:30〜21:30

■場所
谷町空庭
大阪市中央区常盤町1-1-8 6階
地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅より徒歩5分
http://soraniwa.net/tanimatisoraniwa.htm

■参加費
1,000円(お菓子と飲み物付)

■定員
20名程度(先着順)
満員御礼!!
満席になりましたので、現在キャンセル待ちにて受付させていただいております。
申し訳ありません!!


■申込
narrowwork●gmail.com
●を@に変えてください

 

ファシリテーション講座のお知らせ



11月末〜12月にかけて約3週間、
茨城県よりコミュニティファシリテーション研究所の
「ノリさん」こと廣水乃生さんをお招きして
4種類9講座を企画しました。
もし関心のあるものがあればこの機会に是非お越し下さいませ。
詳細は各ページにてご確認くださいませ。

【コミュファシ道場〜練習会】(各回完結)
11月28日(月)19:00〜22:00
12月05日(月)19:00〜22:00
12月09日(金)19:00〜22:00
12月14日(水)19:00〜22:00
http://taikutsu.main.jp/narrowwork.php?itemid=1064

【コミュファシ道場〜ファシリテーターの目線シリーズ】(各回完結)
11月29日(火)19:00〜22:00
12月06日(火)19:00〜22:00
12月13日(火)19:00〜22:00
http://taikutsu.main.jp/narrowwork.php?itemid=1062

【「何気ない一言」で変える!隠れファシリテーター入門講座】
12月10日(土)10:00〜16:30
http://www.adash.or.jp/?p=5922

【コミュニティリーダーのための「場を見る視点」】
12月17日(日)13:00〜17:00
http://www.adash.or.jp/?p=5885

【ノリさん日替わりマスターのバーSINGLESでマスター@梅田】
12月16日(金)19:30〜23:00
http://www.talkin-about.com/singles/

大阪の予定は以上ですが、
この期間内に岐阜と滋賀でも企画があります。

岐阜【気づきを促す対人関係のファシリテーション】
12月3日(土)10:00〜16:30 ↓予告編動画付
http://comfaci.com/20/20111203/

滋賀【本音で語り合う場のデザイン・ワークショップ】
12月4日(日)&11日(日)9:30〜16:30
→詳細未定

 

新企画!コミュファシ道場スタートします

****************

コミュファシ道場〜練習会

****************

満を持して!(?)
遂に「コミュファシ道場」がこの冬よりスタートします。

「コミュファシ道場」は一言で言うと、
コミュニティファシリテーションの根幹に関わるあり方・視点などを
体得するための研鑽の場です。

コミュニティファシリテーションは、
・個人のファシリテーション(自分・相手)
・関係性のファシリテーション(第三者介入・当事者介入)
・グループのファシリテーション(ファシ・隠れファシ)
とさまざまな対象において、場面・状況を超えて介入していく支援手法です。

一言にファシリテーションと言っても
対象や場面によって必要な対応がそれぞれ求められます。
この「練習会」では、
毎回上記のそれぞれの枠組みに特化して、
参加者でファシリテーター役と参加者(クライアント)役に分かれ、
実際にファシリテーションをした後で全体での振り返りや、
講師からのスーパーバイズを通じて
実践的に学ぶというトレーニングを行います。

組織に関わる方も、もめている人間関係に関わる方も、
セラピストやカウンセラーのような個人を支援する方も、
あるいはご自分が人間関係をよりよくしたり、
コミュニケーションのスキルなどをあげたり、
自分の人生をよりよくしていきたい方にも役に立ちます。

個人のファシリテーションでは、
自分自身の傾向性やを知りたい方や
カウンセラーや教師・コーチなどの対人援助に興味のある方などを対象に、
自分、または目の前の相手の
隠れている声を紐解いていったり、
何かを止めている存在を明らかにしたり、
出てきた声の背中を押したりするトレーニングを行います。

関係性のファシリテーションでは、
友達関係やカップルの問題をどうとらえ改善していくかに興味がある方、
自分自身の人間関係をよりよくしていく力をつけていきたい方を対象に
人間関係のとらえ方やそこで起こっていることを両者に還元していく方法を
実際の目の前の二人の人を相手にトレーニングしていきます。

グループのファシリテーションでは、
会議やワークショップの進行、組織の運営などに関わっている方を対象に、
司会者としての場の進行方法や、
司会者などではない参加者としての立場での介入方法、
グループや場の見立て方などのトレーニングを行います。

12月はまず、それぞれの枠組みの初心者編を4つ。
Vol.1 「グループのファシリテーション」〜初心者編
Vol.2 「自分のファシリテーション」〜初心者編
Vol.3 「相手のファシリテーション」〜初心者編
Vol.4 「関係性のファシリテーション」〜初心者編


来月以降も不定期で続いていきます。
今後、同じ内容・レベルでの開催は勿論、
段階的にレベルをあげたコースなども増やしていく予定です。
勿論、各回完結ですので
必要なところテーマだけの受講も可能です。

【日時】
Vol.1 11/28(月)19:00〜22:00
Vol.2 12/05(月)19:00〜22:00
Vol.3 12/09(金)19:00〜22:00
Vol.4 12/14(水)19:00〜22:00

【定員】
12 名

【参加費】
3,000円/1回
*「目線シリーズ」を全て受講された方は、1回2,000円となります

【会場】
navel cafe
大阪市淀川区三津屋北1-28-16
阪急神戸線「神崎川」駅より徒歩3分
http://navelcafe.exblog.jp/

【お申込・お問い合わせ】
recycle(この間に@を挿入してください)occn.zaq.ne.jp

■主催者から
廣水は仕事柄、組織・集団と関わるのですが、
道場は、スキルや経験のレベルを問わず、
コミュニティファシリテーションの実力をつけていきたい人同士が
仲間として学び合い、実際的な場を共有しながら
どのような状況にあっても対応していける技とあり方を体得していくための場です。

廣水自身もここをトレーニングの場として参加者のみなさんと一緒に
技を磨いていきたいと考えています。
共に研鑽する仲間と出会えるのを楽しみにしています。

■ファシリテーター
廣水乃生(ひろみず・のりお)

米国プロセスワーク研究所大学院で
組織の活性化と対立状況への介入について
3年間専門的なトレーニングを受け、
コミュニティファシリテーション研究所を設立。
現在は日本各地で、
「世界平和は自分の平和と身近な人の平和から」を合言葉に
さまざまな組織・企業の合意形成プロセスや研修、
さまざまな葛藤状況の話し合いの進行(ファシリテーター)をしている。
「ストリートファシリテーション」と称し、
街中でもめている人に介入したりするほどおせっかいに見える、
自称「グループおたく」、「さすらいのファシリテーター」

 

「ファシリテーターの目線シリーズ」第2クールのお知らせ

****************

コミュファシ道場
〜ファシリテーターの目線シリーズ

****************

満を持して!(?)
遂に「コミュファシ道場」がこの冬よりスタートします。

「コミュファシ道場」は一言で言うと、
コミュニティファシリテーションの根幹に関わるあり方・視点などを
体得するための研鑽の場です。

コミュニティファシリテーションは、
・個人のファシリテーション(自分・相手)
・関係性のファシリテーション
・グループのファシリテーション
とさまざまな対象において、場面・状況を超えて介入していく支援手法です。

「ファシリテーター」と一言で言っても
ワークショップ、会議、紛争解決、合意形成など
「ファシリテート」のスキルが必要とされるのは、
実に様々な場面があります。
それぞれの分野に具体的なテクニックやスキルがあって
それを教えてくれる本や講座はたくさんあります。

しかし、日頃「ファシリテーター」役を担うことが多い方、
また、日頃「ファシリテーター」役でない方、
こんなことを感じたことはありませんか?

「この引き出し(テクニック)は、どのタイミングでどう使えばいいの?」

こういったテクニックやスキルも勿論大事ですが、
立場や状況が変化する中、適切なタイミングで、
適切な使い方をすることが重要です。

タイミングを間違えれば、
場がしらけてしまったり、
流れを止めてしまったり、
相手を怒らせてしまったり、
なんて危険性も孕んでいます。

しかし、この「タイミングの判断」の方法に関しては
体系立てて解説されていることはほとんどありません。

そこで、どんな場面のファシリテーションにでも応用できる
「コミュニティ・ファシリテーション」の実践家である
廣水乃生さんを講師に迎え、
「ファシリテーターの目線」ということで、
テクニックやスキルを適切に使うために、
グループや場を「どんなふうに見ているか」
ということを学びます。

プロセス指向心理学をベースにする
コミュニティ・ファシリテーションは
実に様々なものの見方があります。

今回は「シリーズ」として、
この「ものの見方」をひとつずつ丁寧に
理論と実際のケースを交えながら解説していきます。
これまで講座に参加したことはあるけど、
それぞれの見方についてもっと掘り下げたかった、
という方にもオススメです。

Vol.1「機能するファシリテーター(自覚・意図するもの・意図しないもの)」
Vol.2「目に見えるもの・目に見えないもの(CR/NCR)
Vol.3「フィードバックの捉え方(アツい反応)」


*過去の詳細はこちら
■Vol.01〜03詳細
http://taikutsu.main.jp/index.php?itemid=899
■Vol.01〜03レポート
http://taikutsu.main.jp/narrowwork.php?itemid=938
■Vol.04〜06詳細
http://taikutsu.main.jp/narrowwork.php?itemid=969
■Vol.04〜06レポート
http://taikutsu.main.jp/narrowwork.php?itemid=1007
■Vol.07〜08詳細
http://taikutsu.main.jp/narrowwork.php?itemid=1003

来月以降も不定期で続いていきます。
すべて受講すれば、
ワークショップや会議に入っていくときに
様々なものが見えるようになるはずです。

勿論、各回完結ですので
必要なところだけの受講も可能です。

■日時
Vol.01:11月29日(火)19:00〜22:00
Vol.02:12月6日(火)19:00〜22:00
Vol.03:12月13日(火)19:00〜22:00

■会場
谷町空庭
大阪市中央区常盤町1-1-8 6階
地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅より徒歩5分
http://soraniwa.net/tanimatisoraniwa.htm

■参加費
3,000円/1回

■お申込・お問い合わせ
recycle(この間に@を挿入してください)occn.zaq.ne.jp

■ファシリテーター
廣水乃生(ひろみず・のりお)

米国プロセスワーク研究所大学院で
組織の活性化と対立状況への介入について
3年間専門的なトレーニングを受け、
コミュニティファシリテーション研究所を設立。
現在は日本各地で、
「世界平和は自分の平和と身近な人の平和から」を合言葉に
さまざまな組織・企業の合意形成プロセスや研修、
さまざまな葛藤状況の話し合いの進行(ファシリテーター)をしている。
「ストリートファシリテーション」と称し、
街中でもめている人に介入したりするほどおせっかいに見える、
自称「グループおたく」、「さすらいのファシリテーター」

 

アウトプップップット・サロン#03終了しました



アウトプップップット・サロンの
3回目は「zine(ジン)」がテーマでした〜
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
今回は合計14名の方に参加いただきました。

アウトプップップット・サロンは
「様々なタイプの編集のスキルを学ぶ勉強会」という趣旨で
今年の6月から始まりました。
詳しくはこちらのページなどをご覧くださいませ。

今回は突然の会社の倒産→無職を経験し、
ドーーーンと落ちてしまったところに
zine (ジン)という表現手段を得たことで
見事復活を果たした市川さんがゲスト。



今回の主旨としては、
zineという、
作るのに比較的ハードルも低く自由な表現手段を取り上げてみました。
「編集」という視点から面白いなぁと思ったのは
自分ひとりで原稿を書いたり、
完成のイメージがあって原稿を集めたりするのではなく、
出てきたものを1つのzineとしてまとめていく、
というそんなスタイルでした。

というわけで、
参加してくれはった方々に
同じテンプレートの紙を渡して、
それぞれその紙に自分の思うところを書いてもらい、
それをまとめて1つのzineにする、
という試みをしてみました。
書いたものは壁にどんどん貼っていってたのですが、
こんな感じです。



あとは色んな紙を用意して、
書き込んだり、
コラージュしたりと
参加者の方に色々遊んでもらいました。



こんな感じで自分の持ってたレシートを素材にしたり、、、



このコラージュのセンスもすごい!!

あとはA41枚の紙に、
学級新聞さながらの通信を作って
「これをコピーして配ろ〜」
という方までいらっしゃいました。

僕がオーダーを受けてる間、
市川さんがお客さんにどんどん話しかけていってくれはって
いい感じで場をかき混ぜてくれはったので
色んな出会いなどもあったようで、
主催者側も楽しませていただきました。
ありがとうございました。

次回はまだ未定ですが、
どうぞお楽しみに!

 

「フリーランス&個人事業のための基礎知識」



これからフリーで働いていこうかな、とか
フリーになった(なってしまった!)ばかり、という方にオススメの講座です。
職場で企画した講座です。
ナローワーク主催ではありませんが、
もしよければ、是非に。

==================

フリーランス&個人事業のための基礎知識

http://www.adash.or.jp/?p=5595

==================


フリーランスになったばかりの方や、個人で仕事を受けながら収入を得ている方、
今は企業で働いているけどフリーでの働き方に興味がある方が対象の、
自営業を賢く生きていくための「身を守り」「事業を発展させる」実践的な講義です。
企業に勤めていたときはよくわからなかった税金のことや保険のこと。
「そもそもどういうこと?」という基礎の基礎から専門家が噛み砕いて説明します。
また、見積もりの算出方法や帳簿の付け方、契約書の作り方、
仕事の流れなども、先輩フリーランスの方から学びます。


◎プログラム
1日目:仕事の仕方・リスクマネジメント
2日目:保険・年金の基礎知識
3日目:確定申告の基礎知識
4日目:開業してみよう

◎こんな人にお勧め
・フリーランスになったばかりの方
・個人で仕事を受けながら収入を得ている方
・今は企業で働いているが、フリーでの働き方に興味がある方など

◎講座詳細
http://www.adash.or.jp/?p=5595

◎講師
近藤由美子 SANTA NETWORK 代表
松井一恵 社会保険労務士・CFP・Office M 代表
杉本浩志 税理士・杉本総合会計 代表


日時:11月9、16、30、12月7日(毎週水曜日)19:00〜21:00、全4回
参加費:15,750円(教材費・税込み)
定員:15名(先着順)
会場:A´ワーク創造館
申込:まずはお電話にて。
06-6562-0410


 

アウトプップップット・サロン#03



イベントやプロジェクトの企画から仕事づくりまで、
やりたいことはあるけど、どうアウトプットしていいものやら・・・
モヤモヤモヤモヤモヤモヤ・・・

アウトプットって結構難しい。
おならが「プップップッ」と止まらない感じで
アイデアも「プップップッ」と出せるようになるには?
というように考えたときに、
なんだか「編集」のスキルっていうのが大事なような気がします。
結局のところ、自分の中にある想い、問題意識、
自分の長所、方法論、ネットワークなどの
既に自分の中にあるものをうまく組み合わせる、
というのがアウトプットの肝だと思います。
それがまさに「編集」じゃないかと。

じゃあ、色んな編集のやり方を学ぶことで
アウトプットのスキルもあがるかも!?という根拠のない期待のもと
なんだか面白い「編集」のヒントを持っていそうな方を毎回ゲストに招き、
その人の見えている景色をちょっと覗き見させてもらおう、
そんなサロンを月1回くらい開催していこうと思います。

アイデアの発見に、
また、ナローワーク的な仕事づくりのためのネットワークづくりに、
気軽に遊びに来てください。


■#03テーマ「『zine(ジン)』という表現方法」

第3回のゲストは
WORKLESSというzineを発行されている市川剛司さん。

フリーペーパーや同人誌ともちょっと違う(?)
主に紙を使った手作りの小冊子、zine(ジン)。
ここ最近、色んなメディアでも取り上げられているこの「zine」を
「表現方法としてのzine」という切り口で、第3回目のテーマにしてみました。

zineの面白さは、
誰でも簡単に作れる、というところ。
そして、「型」がない、というところ。
そんな気軽に自己表現できて、
コミュニケーションのツールにもなるところが
zineの注目されている理由なのかなと思います。

今回は、
自分ひとりで原稿を書いたり、
完成のイメージがあって原稿を集めたりするのではなく、
出てきたものを1つのzineとしてまとめていく、という
ちょっと変わった「編集」をしている
WORKLESSの市川剛司さんをゲストに、
飲みながらおしゃべりしたり、
みんなで一緒にzineを作ってみたり、
自分だけのzineを作ってみたりもしたいと思います。
(よかったらコーラジュ用に素材とか持ち込んでください)

この日は講座やワークショップ形式ではなく、
あくまで「バー」なので、
お好きな時間に、気軽に遊びにいらしてください。


■ゲスト
市川剛司/WORKLESS
http://ameblo.jp/workless01/

■日時
2011年10月29日(土)19:30〜23:00
*上記はお店の営業時間なので、好きな時間にいらしてください

■場所
Common Bar SINGLES(梅田)
http://www.talkin-about.com/singles

■参加費
0円(ただし、ワンドリンクの注文をお願いします)

■持ち物
コラージュ用に雑誌や新聞、ちらしなど、
使いたいものがあれば、是非ご持参ください。

■申込
特に不要ですが、下記までメールをいただけると嬉しいです
narrowwork●gmail.com
●を@に変えてください

 

green drinks Tanimachiにゲストで出ます

「グリーンやエコ、サステナビリティをテーマにした気軽なパーティ」
というテーマで全国各地で開催されている
green drinks(グリーンドリンクス)という飲み会があります。
関西にもgreen drinks KansaiやKyotoなど
いくつかありまして、
このたび新しく発足した「green drinks Tanimachi」の
第1回目が8/25(木)に実施されます。

一言で「グリーンやエコ、サステナビリティ」と言っても
やっている団体によって、やり方やテーマは様々。
このtanimachiも今後どうなっていくのかはわかりませんが、
今回は「持続可能な働き方」がテーマ。
「二足のわらじNight!!!!!!」というお題で、
何足もわらじを履いてる人、ということで
ゲストに呼んでもらいました。

ちなみに主催は僕の職場にインターンで来ている
中西さんという大阪市大の女子大生。
就職活動をする中で感じた疑問や想いが色々転がって
今回「green drinks Tanimachi」を立ち上げることに。

下記に詳細を貼っておきますので、
お時間ある方は是非遊びにきてください。


===================

【8/25 gd谷町 vol.1】二足のわらじNight!!!!!!1

green drinks Tanimachi 記念すべき第1回は、
『2足のわらじNight!!!!!!』

仕事じゃないけどやりたくなる
お金じゃないけどやってしまう
よーく周りを見てみると、
仕事以外の活動にエネルギーを注ぎながら、
1週間を通してイキイキしている人っていませんか。
仕事+○○
「2足のわらじ」を履いて、平日も週末もなく忙しく動き回っているあの人。
だけどなんだか楽しそう。
仕事に加えて「もうひとつ」の活動をしているゲストのお話を伺いながら、
自分の働き方/生き方についてみんなで考えてみたいと思っています。
第一回ゲストは、梅山晃佑さん。2足では済まない程多くのわらじを履いている梅山さん。
梅山さんのお話と交流会を通して、
働き方や自分なりのわらじの持ち方について考えてみましょう!!!!

☆日時:2011年8月25日19:30〜

☆場所:シェアオフィス常盤ソース内「オフィス2.0」

☆参加費:1000円 (1drink付)

☆ゲスト:梅山晃佑さん(A´ワーク創造館/2畳大学/ナローワーク)
1981年生まれ。異常に好奇心が旺盛。
A´ワーク創造館スタッフにて「働く」「仕事」をテーマにした講座の企画・運営を生業としながら、
空堀の自宅の1室を開放したコミュニティサロン「2畳大学」を運営したり、
ナローワークという屋号で様々な企画や相談、情報提供などをしたり、
アートイベントの運営をしたり、梅田バーで日替わりマスターをしたりと
ジャンル問わず様々な活動に脈絡なく顔を突っ込む。
好きな言葉は「人生は命をかけた遊び」


タイムスケジュール
19:30  グリーンドリンクス、2足のわらじについて
      参加者の自己紹介
19:45  ゲストトーク
20:15  質問タイム
20:45  交流会
21:30  中締め

☆申し込みは・・・
お申し込みを希望される方は、以下申し込みフォームをご利用され、メールにてご応募ください。
 gdtanimachi☆gmail.com  (☆を@にご変換ください)
【お名前】
【ご連絡先電話番号】
【メールアドレス】
【このイベントをどのようにして知ったか】
【イベントに関する期待や質問事項】

■HP http://greendrinks.jp/announcements/gdtanimachi-vol-1/
■Twitter http://twitter.com/#!/gdtanimachi
■ハッシュタグ [#gdTanimachi]

===================



 

More...

Home

Search
Feeds
009846 IP check in 30 min Since 2008-05-12

Page Top