Home > 日々のつぶやき > インターンの受入をしてみて

インターンの受入をしてみて

インターンの中西さんの1年間の集大成?
グリーンドリンクス谷町、20人満員御礼で終了しました。
詳しくはこちら


今年度(2011年4月〜2012年3月)、
初めてインターンの受け入れ、ということに取り組んでみました。
自分の中でのふりかえりと、
この話をサトウアヤコさんにしたら
もっと書いたら?みたいに言われたので、
ちょっとここで書いてみます。


そもそもインターンの受け入れ、
ということを思いついたのは
NPO法人育て上げネットの井村さんと飲みに行った席で
インターンの受入をやってる、という話を聞かせてもらって
なんだか面白そうだったことと、
自分のやっていることが多岐にわたってきて、
正直誰かに手伝ってほしいということと、
自分が見たり、聞いたり、考えたりしていることを
自分ひとりだけで経験しているのがもったいない気がしたこと、
主にこんな3つの理由からです。

特に最後のやつがぼやっとしていますが、
僕が仕事をしている中で
(ここで言う「仕事」は就職先での「仕事」だけでなく、
2畳大学やナローワークなども含みます)
お金以外で得ているものがかなりあって、
それをひとりじめしている罪悪感みたいなものがあるのです(苦笑)
「green drinks tanimachi vol.3終了しました」参照

とまぁそんなわけで、
僕の仕事を手伝ってもらう代わりに、
お金は提供できないのだけど、他の色んな対価を提供する、
そんな感じのただの雑用にならないインターンの受入ができれば
まぁお互い楽しくできそう、
ということもあって、1年間やってみました。

で、飛んで火にいる夏の虫というか、
そんなことを考えているタイミングで
ふらふらっと目の前に現れたのが
迷子状態の中西ゆっきー(笑)
からほりまちアートのスタッフとして関わってくれてたので
元々面識はあったのですが、
それ以降も色々イベントなんかの時に顔を出してくれてたので
話をしているうちに、
こんなイメージにぴったりはまってくれそうだな、
ということで、中西ゆっきーは毒牙に掛かってしまいました(笑)

そして、4月から週1回のペースで
僕の職場のA´ワーク創造館に来てもらい、
事務仕事を手伝ってもらったり、
色んな仕事を任せてみたり、とする中で
色々勉強をしてもらいました。
自覚できていること、
自覚できていないこと、
それぞれ学んでもらえたことはあると思いますが、
近々また1年のふりかえりの時間をもとうと思っています。

個人的に印象に残っているのは、
就職が決まったときに、
「Aダッシュでやったことが評価されました!」
と言ってくれたこと。
すごく些細なことですが、
郵送で書類を送る際の「送付文書」の作り方を教えたら
就活にもちゃんと使ってて、
内定貰ったときに、そこを評価されたと言われたそうです。
勿論内定の理由はそれだけではないでしょうけど、
そんな形で結果が出ることもあるんだなぁと思いました。

あとはグリーンドリンクスのこと。
元々興味のあったことを自分で旗揚げして、
自分発信の企画を立てて、進行もやってと、
インターンに来てなくてもやってたかもわかんないですが、
ちゃんと最後までやり遂げたことに
すごいなーとただただ思います。
僕と同じ年くらいの人でも、自分で旗揚げして、っていうのは
なかなかできないですからね。


こんな感じのインターンの受け入れですが、
また4月から新しい方に来ていただけそうです。
また個別に話をしてみて、
かかわり方を考えたいなと思っていますが、
A´ワーク創造館だけでなく、
2畳大学やナローワーク、オフィス2.0、コミュファシ、空堀関係など、
フィールドはたくさんあるので、
いろいろ見てもらって、
今後の仕事や活動に活かしてもらえたらいいなと思います。

インターンは組織につく、という感じですが、
もはや僕個人につく、という感じですね(笑)

でもそんな感じで、
みんなもっと個人でインターンの受入やったらいいのに。
経験や人脈を独り占めしてたら面白くないよー
もっとオープンにオープンに!
さて、来年はどんな感じになることやら。
今から楽しみです。

 

Comments:1

ゆっきー 2012-03-13 (Tue) 11:01

飛んで火にいる夏の虫(−▽−)
インターンというだけで色んなとこに連れて行ってもらって良いのかなと思ってたんですけど、良かったんですね笑笑
送付文書はわかりやすく為になったけれど、ああこれもインターンの影響かもっと思うことたくさんありますー
学校でxChange企画したのだってそうかも。

Comment Form

Home > 日々のつぶやき > インターンの受入をしてみて

Search
Feeds

Page Top