Home > 告知 > NPOという働き方

NPOという働き方

  • 2010-10-09 (Sat) 10:42
  • 告知
職場で2ヶ月に1回やってるトークサロンも
いよいよ7回目。

今回のゲストは箕面市民活動センターの運営を行う
NPO法人市民活動フォーラムみのおのスタッフの、松木亮さん。
大学卒業後に某自転車屋へ就職するも
NPO業界へ転職。
現在は箕面という地域を舞台に
様々な仕掛けをされています。

特に大学→一般企業→NPOという流れがおもしろい。
このあたりをじっくり聞きたいなと思っています。
お時間ある方はぜひ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ダッシュ」トークサロン
「あたらしい働き方」Vol.07

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

http://www.adash.or.jp/?p=2103

ここ数年働き方が多様化していく中で、
ひとつ面白い傾向があります。
それは、若者が一般企業ではなく、
NPOなどの「社会的企業」に就職しはじめている、
という傾向です。

学生時代にボランティア活動をしていて、そのまま働くようになったり、
一般企業を辞めて地域の人と関われる仕事として転職したり、
自分自身で事業を立ち上げたり。

このトークサロンでは、
そういった「社会的企業」で働くことを選んだ若者に
毎回ゲストで登場してもらい、
働き出すまでの経緯やきっかけ、仕事のやりがいなどをお伺いします。
これまでと違った働き方に興味がある方、
社会的な働き方をしたい人、
コミュニティビジネスに関心のある人など
今、これからの自分の仕事をどうしようかと考えている方は
是非参考にしてください。

日時:10月16日(土)14時〜16時
参加費:1,050円
ゲスト:松木亮/NPO法人市民活動フォーラムみのお

1980年12月、豊中市生まれ。中学卒業後箕面市に移る。
海外への憧れから、大学は国際関係学部を選ぶが、
京都の環境保護系NPOと出会い、市民活動や地域まちづくりに興味を持つ。
大学卒業後は自転車修理販売の企業に2年間勤務。
その間、地元箕面で様々なNPOと人に出会い、
次第にNPOに関わる仕事を志望するようになり、2006年より現職。
各種講座、イベントの企画、ニュースレターの発行等を担当。

NPO法人 市民活動フォーラムみのお(http://minoh-npo.com/index.html

2001年9月設立。理事長直田春夫。
「市民が主役」を市民の力で築く社会を目指して、
市民活動団体がより元気で長く活動できるように、
相談や情報提供、スキルアップのための講座、
市民活動の調査研究、政策提言などを行っています。
みのお市民活動センターを指定管理者として企画運営しています。

*これまでのゲスト
Vol.00 椎名保友/NPO法人日常生活支援ネットワーク(http://www.e-sora.net/party2/)、福祉・介助者ポジティブキャンペーン(http://www.e-sora.net/po-net/
Vol.01 松浦真/NPO法人こども盆栽(http://www.bombsight.net/
Vol.02 乃美夏絵/(有)コミュニティ企画(http://www.com-kikaku.com/yodogawa/view/
Vol.03 隅田耕史/NPO法人フェリスモンテ(http://www.otasha.ecweb.jp/
Vol.04 湯川まゆみ/NPO法人SEIN(http://www.npo-sein.org/
Vol.05 中尾亮大/NPO法人住まいみまもりたい(http://www.otasha.ecweb.jp/

定員:それぞれ20名(先着順)
会場:A´ワーク創造館
申込:電話かメールにて。
umeyama■adash.or.jp
*■を@に変えてください
06-6562-0410
Comment Form

Home > 告知 > NPOという働き方

Search
Feeds

Page Top