Home > 日々の出来事 > プロデュース学

プロデュース学

扇町クリエイティブカレッジに言ってきました!
「プロデュース学のすすめ」という
同志社女子大学准教授の川田隆雄さんの
話を聞いてきました。

行ったら最近よく会う人ばっかりでびっくり。

僕の志向性はこっち側なので
とても興味深い話が聞けました。
学問として研究してる、ってところも面白い。

プロデューサーのコンピテンシーを
一緒に受けていたこども盆栽の松浦さんが
blogでうまくまとめてくれているので
是非見てみてください。

こういうスキルをどうしたら身に付けれるか、
というところに関しては
「わかりません!」だったけど
そこに関心があったので
こうやってまとめてもらえただけでも
個人的には大きな収穫でした。

あとプロデューサーの志向性の話が興味深かったです。
「自分がやりたいこと」、「社会が求めること」の2領域、
そして「既知の内容」と「未明の内容」の2領域
これがクロスして、4つの領域になるんですが
既知の内容で、自分がやりたいことを思考するのは
一般的な思考で、
自分がやりたいことを既知の内容から
未明の内容に拡張していくのが
ディレクターや作家・芸術家的な思考。
更にそれを社会に向けて
コンセンサスを取ろうとするのが
プロデューサー的な思考だそうです。
うーん、確かに。

説明が非常にわかりにくいと思いますが
個人的にはなんだか頭がスッキリしたような
1日でした。
詳しく聞きたい人はまた声かけてください。
Comment Form

Home > 日々の出来事 > プロデュース学

Search
Feeds

Page Top